FC2ブログ
2013-06-14(Fri)

支援・・・なかなか難しいですね。

本日も一日終了です^^

様々な業務が完了し、明日も多忙な一日がやって参ります!!!




頑張ります^^




さて。



少しずつ利用する子供たちが増えてきたポコ ア ポコ。


僕の予想を超えておりますし、来週は支援研修を施設で行う事に。



現場はかなり大変で綺麗事では絶対に済まされません。



と言うのも、何事もそうかとは思いますが、福祉の仕事は支援する側の精神状態が非常に大切になるわけです。



未経験の職員さんの不安は完全には払拭できないでしょうけれど、様々なケースを現場サイドで思い出して、こんなときにはどうする・・・とか、色々話し合いをしなくてはなりません。



ニュースでも報道されておりましたが、老人介護施設での虐待でお年寄りが亡くなる・・・と言う事件がありましたね。



虐待行為はもっての他なのですが、一番の問題は虐待してしまった「理由」にあるんです。



逮捕された職員が虐待した理由についてこう語っておりました。


「お年寄りの容態の変化に気づく事を同僚や上司に認めて欲しかった。」・・・だから自作自演したんだと。



これは異常とも取れる発言ですが、どこの現場でも起こりうる事なのです。



なぜか。



福祉の仕事と言うのは、何かを売る・・・とか、造る・・・と言った一般の企業とは全く異なります。



販売ならば売れば官軍、製造ならばアイディアや良いものを造れば優秀な社員となりますよね。



結果ですもんね。


極端な事を言えば、セールスマンならば成績が良ければ、木陰で一日中昼寝をしていたって「結果よければ全て良し!」・・・なんですね。



しかし、福祉の仕事は結果が形になって現われにくいんですね。



人間と言うものは、どうしても結果として残したくなる・・・福祉の仕事ではこれが良くない場合が多々あるんです。



例えば。


何かの時に、障がいのある方が騒いでいたとします。


感化されて色々な人々の落ち着きが無くなってきて非常に騒がしくなったとします。


その場にいた職員さんは「なぜ?どうして?先輩の時は静かなのに僕の時はどうして?」・・・と支援する側も不安になるわけです。


その時点で経験者がフォローをすれば良いんですね。



「まあこう言うときもあるさ!みんな人間だから虫の居所が悪い時だってあるさ!だからいいんだよ大丈夫^^」・・・とそんな感じですね。



それがないと、先輩の時=静かにしている・・・=出来る職員だと大きな勘違いをする。



そこで一人一人と関係を時間を掛けて作って、皆が落ち着いている状態になれば良い・・・と言う判断が出来れば良いですが、大体の場合は武力行使に出る・・・これが手っ取り早い・・・と。


で事故につながる・・・これってかなり多い事例と僕は思っております。



我々の仕事と言うのは、人と関わる仕事。


現場では様々な事があります。


簡単に言えば、小さな事に腹を立てない、何かあっても焦らない・・・と言う支援者側の心の許容範囲の大きさが必要なんですね。



とにかくそんな時は現象だけで評価を絶対にしない事です。



利用する子供たちも十人十色で様々な特徴があるように、支援する側もみんな個性が異なるわけです。



経験者は、スムーズに関われても、未経験の人はそうは行かない。



構えてしまうんですね。



子育ての経験のある方ならそんなに違和感はありませんが、子育て経験のない、特に男性の気持ちは痛いほど分かります。


どうしたら良いか分からない・・・これ本当に苦しいんですね。



でも・・・日々一緒に居ることで未経験ではなくなります。


誰でも同じ事が言えます。



自然と自分の個性を生かしながら支援が出来るようになる。



だから、一番苦しい時期を皆で助け合ってより良い支援をする努力をしなくてはならない。



良く話し込みをしながら一緒に現場に出るのは本当に大切な事柄です。



子供たちの特徴を先ずは正確に把握し、余裕を持って支援する環境が本当に大切です。


「まあ仕方がない」

「今日はこんな感じで良いか^^」

「この子はこんなに良い所があったんだな^^」・・・と全てをプラスに考えて、少しずつ現場に慣れるしか方法はないです。



「まあ・・・いいか^^騒いだって。でも何で騒ぐのかな?」・・・と少しの疑問を持ちながら最初は深層には立ち入らない・・・それが子供にとっても我々にとってもベターですね。


少しずつ関係が出来てくれば、おのずと課題も出てきますし、見えてきます。


そしたらまた少しずつ支援すれば良い。


そして変化が見えれば一緒に喜べば良い・・・そんなスタンスですか。



目的は、子供たちの将来がいかに充実したものになるか・・・時間はありますので焦る必要はないです。


ジックリですね。




長年の現場経験から様々な事を思い出し、一緒に考えて行きたいと思います。



支援する側のニュートラルな気持ち・・・鍛錬が必要ですし、一番大切な部分ですね^^



来週初旬はそんな研修を僕自ら実施したいと思います!


現在は、一人とか2人とかで職員数の方が多いので良いですが、5人ともなれば大変になります。



それでもマンツーマンで職員さんは配置しておりますので安全ではありますが、早く気持ちをニュートラルに持っていく方法を皆で考えれば、早い時期に充実した支援が出来るようになります。


療育や学習指導、音楽活動も充実したものにしていかねばなりません!



大切な第一歩を研修したいと思います。



頑張ります!










スポンサーサイト



comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

ガレージダックス店長です!

Author:ガレージダックス店長です!
ようこそガレージダックスへ!日々真剣に車両販売に精進しておりますが、さまざまなお客様との出会いや失敗等、色んな事があり非常に面白いです!車両販売の本当の話、プライベートの話等、包み隠さず赤裸々に書いていきます。写真は当社のマスコット、ダックスの「サンバ君」です。勿論私ではありません^^では宜しく!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク