FC2ブログ
2012-07-22(Sun)

イジメ問題について。











大津市の中学生が自殺してしまった事件で、教育委員会や行政の隠蔽体質が問題になっておりますね。


虫の死骸を食べさせたり、集団で暴行したり。


どんなにその子は辛かったのだろうか・・・と思うと、悔しさがこみ上げてきます。


それを教師に訴えたにも関わらず、「ただの喧嘩である」・・・と馬鹿げた判断をし、結果死なせてしまった・・・1対数人でやる喧嘩などあるものか!


教育の現場は一体どうなっているのか・・・本当に気が付かないのか・・・。



ここで僕の実際に体験した話を。



某私立の小学校に入学した僕。



今は、ゴリラのようになってしまいましたが、こんなんでも小さい頃は写真館に写真が飾られるほど可愛かったらしく(笑)、お袋は僕を「オカッパ頭」にしていたんです。


それが原因でいじめられていた経験があります。


「オカマ!」・・・とね。


僕自身、人に合わせることが嫌いなB型人間で、変わっていた部分もあったとは思いますが、それにしてもねぇ。



イジメは、一対一では絶対に行われないですよ!



その当時、凄く古い校舎があったのですが、そこに放課後連れて行かれて、10対1位で僕をいじめるのです。


一人が僕を椅子に括り付けて、他の連中が助走を付けて走ってきて、僕のお腹に頭突きをするんです。



そんな内容のイジメは常に行われておりました。


宿題を捨てられたり(せっかくやってきたのに)、備品を捨てられたり・・・お金を盗まれたり。



僕は、一度も泣いたことはありませんでしたし、常に一対一になる機会はないか。。。と思ってましたよ。



家でもそんな話はしませんでしたので、お袋も気が付かなかった。


先生?・・・先生もイジメている奴らは優等生で、えこひいきしているわけで、僕の味方などするはずもなく。


陸上をやれば、僕よりもはるかに遅い奴を代表に選んだり、意味も分からず殴られたり。



いじめられている側にも原因はある・・・なんてふざけた事を言う輩もおりますが、人数で勝ち目がない状態で、原因もクソもあったもんじゃない。



で、忘れもしない小学4年生の時。



弱いくせにちょくちょくちょっかいを出してくる奴と二人きりになりました。


チャンスです!



水泳教室の帰り。(その水泳教室もまさに虐待で、先生が泳げない奴をプールの深い所に落とすんですからもう大変です)



バスを待っている僕の後ろから、木にぶら下がって、僕に蹴りを入れてきたその子に、今しかない!!!僕は渾身のフックを2発叩き込んでやりました。



見る見る顔は赤くなり・・・脳震盪を起こしてしまったその子。



今思えば悪い事をしたなぁ・・・なんて思いますが、当時は「してやったり!ほら俺の方が強いだろ!」・・・と思いました。



次の日。



先生に皆の前で思いっきりぶん殴られました。



「なんて事をするんだ!」・・・と。


おいおい・・・今まで僕がいじめられていたのを知っていて、他の連中は怒らなかったのに、ふざけた先生だ!・・・と、殴られたのにスカッとした気分だったのを覚えております。


その帰り。


いじめっ子の主犯格が数人で僕の所に来て、「俺にもやってみろよ!」・・・なんて威張っとりましたが、「いいよ!」・・・と無視して帰りました。


どうせ・・・また先生に怒られるんだし、本気になれば負けないんだから・・・と。



それから、お袋に全てを話し、頼み込んで頭は角刈りにしてもらい、イジメはなくなりました。



そして「強けりゃ良いんだろ!」・・・と違う方向に人生が進んでしまいました。



ある意味歪んだなぁ。。。




話は戻りますが。



亡くなってしまった中学生。



先生も絶対に気が付いていたはずです。


・・・と言うか、先生に助けを求めたんですから知らないはずはない。



それだけいい加減だ・・・と言うことです。



僕は、その子の気持ちが痛いほど分かります。



なぜ助けなかったのか・・・。




集団でいじめるような奴は最低ですよ!



一人では何も出来ないから小さいんですよ。



だから今が辛くとも、死ぬなんて考えてはダメ。



いじめられる側の気持ちが分かるってのは、凄い事なんですよ!


将来絶対に大きくなる!


どうせ勝負は社会に出てから。


ボクシングの内藤選手はチャンピオンになりましたよね。


坂本選手も養護施設出身でした。


極真空手の世界王者の八巻健二さんも凄くいじめられていたけど、鬼のように強くなりました。

僕の友人も幼少期にいじめられていましたが、今はぬくぬくと育ってきた自分の事しか考えられない輩をがっちり取り締まる側になりました。




小学生の頃の事なんて、一瞬の出来事で大した事ではない!



そんな事を現場で本気で言ってあげる事が出来たら・・・自殺なんて事を考える子も少なくなるのでは・・・と真剣に思います。



少し前にクリス松本さんが、幼少期に育ったロンドンでいじめられていて、辛かったけれど現在の自分を形成するのに役立った・・・と言っておられました。


僕も大人として恥ずかしくないように、嘘を言わずに仕事に尽力できるのも、「負けるもんか!」・・・と言う幼少期に味わった経験が影響していると感じております。


大勢でしか何も出来ない・・・これほど恥ずかしい事はない。


本当に恥です。



人として生きる・・・本当の意味での大切な事を教える事が出来る教育現場になる事を祈らずにはいられません。


子供は宝。


いじめている子は、同じ思いをして二度としないようにすれば良い。



綺麗事ではなく、現実問題を直視出きるようになれば良いですね。



イジメられるのは辛いですよ。



ホントに。











当店のホームページアドレスが本来の物に戻りました^^


↓ガレージダックスホームページ
http://www.garage-ducks.com/


スポンサーサイト



comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

ガレージダックス店長です!

Author:ガレージダックス店長です!
ようこそガレージダックスへ!日々真剣に車両販売に精進しておりますが、さまざまなお客様との出会いや失敗等、色んな事があり非常に面白いです!車両販売の本当の話、プライベートの話等、包み隠さず赤裸々に書いていきます。写真は当社のマスコット、ダックスの「サンバ君」です。勿論私ではありません^^では宜しく!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク